スポンサーリンク
スポンサーリンク

ARC’TERYX (アークテリクス)

デイブ・レイン氏とジェレミー・ガード氏という2人のクライマーによって1991年にカナダで設立された『アークテリクス』。クライミングハーネスの製造に始まり、現在はギアからウェアまで、アウトドアプロダクツをトータルで生産しています。なかでも、ブランドを象徴するアイテムといえるのがマウンテンパーカーです。

そして、私が保有しているのがシータARです。

正直言ってかなり高額ですが、性能の高さによる安心感と滅多に人と被らない安心感があります。梅雨時期にぴったりですね!!

アークテリクスの代表的なモデルとして「アルファ」「ベータ」「シータ」があります。

シータはお尻がすっぽりと隠れる少し長丈のマウンテンパーカーのため、レイヤードコーデにぴったりです。

末尾に「AR」=ALL Round Useがつくベータ ARは圧巻の防水透湿性を誇る3レイヤーゴアテックスが用いられています。より過酷なシーンでも使える仕様となっており、防水性や耐久性がより向上しています。

ジャケットに関しては、SV>AR>LT>SLの順で生地が厚いので、利用シーンによって使い分けます。

さて、そんな「シータAR」ですが、着丈が長いという特徴と、防水透湿素材のゴアテックスプロGore-Tex Proを用いている事から、防水防風性能を最大限に発揮します!

雨や風そして雪が多い地域での活動をはじめ、長距離トレッキングにも適しています。

さらにはヘルメットを着用しながらでも被る事のできるフードが付いているので、安全性にも配慮されています!

また着丈が長い事から、スーツの上からレインコートとして着用している方もいらっしゃるようです。

雨風に耐える事ができる丈夫なジャケットがご希望でしたら、この「シータAR」が役立つはずです!

ボディーにGORE-TEX Pro仕様のナイロン生地を使用し、フルジップタイプで仕上げたマウンテンパーカーです。左胸にブランドロゴをあしらったシンプルなデザインです。止水ファスナー・ドローコード・ベンチレーション機能などディティールのこだわりが満載です。

Lサイズだと
着丈約82cm(背中襟下から)×身幅約66.5cm(脇下から)×肩幅約56cm×袖丈約69cm(肩上から)

なので、日本のXXLくらいです。2サイズダウンくらいで丁度よくなるので、日本のLサイズを着る私はSサイズで良いのですがMサイズを買ってしまったので大きすぎました。

色はオリーブです。


始祖鳥がブランドロゴですね。

内ポケットに、シータ エーアールと書いてあります。

ポケットと、わきの下のベンチレーションです。

アークテリクスのジャケットは、そのモデルがどのような状況で使えるかを示しており、下記のような違いになっていますので、選ぶ際の目安にしてください。
BETA(ベータ)
オールラウンドに使える山用アパレル。レイヤリングに対応できる余裕があり、丈の長さは普通丈でデザインされている。
THETA(シータ)
オールラウンドに使える山用アパレル。レイヤリングに対応できる余裕があり、丈の長さは普通丈でデザインされている。
GAMMMA(ガンマ)
通気性・ストレッチ性・熱効率に優れており、防水アウターとして着用可。摩耗抵抗にも優れている。
ALPHA(アルファ)
クライミング・登山にフォーカスを当てたモデル。軽量素材を使い、耐久性・重量比を実現!
DELTA(デルタ)
高い温熱効果が得られ、空気の浸透率が良いフリースジャケット。ミドルレイヤーとして使用を考えられたモデル。
ATOM(アトム)
水分吸収を抑える撥水性を持った合成素材で作られたミドルレイヤー。アウター素材には防水加工済み。

SV(Severe Weather)
長期使用のために最も耐久性のある素材を使用。最も厳しい天候状況で、最も優れた耐候性を持つモデル。
AR(All Around)
ハイパフォーマンスで優れた耐候性を持つ。様々なアクティビティに対応するオールラウンドな性能を持つモデル。
MX(Mixed Weather)
天候の変化の多いアウトドアアクティビティでの使用を目的とし、高い耐久性・透湿性・動きやすさを持つモデル。
LT(Light Weight)
非常に高い耐久性のある素材を使用。合理的かつ最小限の機能を採用したデザインで、軽量なモデル。
SL(Super Light)
パッキングしやすい軽量な素材を用いながらも、高い対候性と機能性を持つ。ただし、耐久性は少し劣るモデル。
SK(Ski Touring Specific)
立体裁断を多く用い、重ね着の為に余裕を持たせていたりと冬のスキー・スノボなどのアクティビティ向きモデル。
FL(Fast&Light)
軽量かつ高機能なミニマリスト向けのデザイン。最小限の装備ながら、変わりやすい天候状況に対応可能なモデル。

コメント

タイトルとURLをコピーしました