スポンサーリンク
スポンサーリンク

Danner ソール交換 4

こんにちは、Kumaponです!(^^)

前回のDanner ソール交換 3の続きです。

切り取った靴底のスポンジ部分は、

EVAスポンジというもので

EVA素材の販売 OEM | CORNER

で購入した200mm×300mm×20mmブラック

を張り付ける部分よりも

やや大きめに切ったものです。

まんべんなくゴム用強力ボンドの

ダイアボンドを塗り広げますが、

粘度が高いので素早くしないと固まってしまいます。

靴のかかとの方にも同様に、

ダイアボンドを手早く塗り広げます。


ちょっとわかりにくいかな?

SONY DSC

こういう感じです。
そのまま約30分乾かして、

触ってもべたべたしなくなったら貼り合わせます。


上から見るとこうなります。


できるだけ強く圧着したのち
1日放置して完全に接着するのを待ちます。

翌日です

余分な部分をカッターナイフでザクザク切ります。


次に余分な部分をきれいに削るのですが
ここで登場するのが


この”軸付きフラップホイール”というものです。


60番で粗削りして、120番で仕上げました。

写真のように、

電動ドライバーに装着して削ります。


思ったよりも奇麗にできました。

それから、さらに靴裏全体の

ボンドカスを削り取ります。


おおむね削り取りましたので、

ビブラムソールの接着に移ります。


これが新品のビブラムソール#148です。


EVAスポンジを接着したのと同様に
両面に手早く塗り広げて、

約30分乾燥させます。


かかと側からしっかりと圧着していきますが
土踏まずのへこんだ部分が圧着しにくいので
靴を履いて、新聞紙を束にして
丸めたものを踏んずけて
全体重をかけました。


その後さらに、写真にある

”ソフトタッチコンビプライヤー”で

靴のふちをしっかりと圧着します。

最初は、下のつかみ箸

を買っていたので、これを使用する予定でしたが
いつの間にか行方不明になってしまいました。
同じものを購入しても、出てきたら馬鹿らしいので
”ソフトタッチコンビプライヤー”を購入しなおしました。

完全に接着するまで1日放置するので

Danner ソール交換 Lastに続きます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました