スポンサーリンク
スポンサーリンク

iPhone12 & iPhone12 pro

iPhone XRからiPhone12 に機種変更しました。


見た目で分かる大きな違いは、iPhone12はカメラレンズが2個になり、iPhone12 proはカメラレンズが3個になりました。
何が増えたかというと、iPhone12は広角(メイン)と「超広角」レンズを切り替えることで光学2倍のズームアウト撮影に対応します。「ナイトモード」や「Deep Fusion」、「Dolby Vision」対応のHDRビデオ撮影に対応ました。12 Proはそれに加え望遠レンズが増えたので超広角からは光学4倍のズームアップ撮影ができます。

次にサイズです。
「iPhone 12」と「iPhone XR」はどちらも6.1インチのディスプレイを搭載していますが、本体サイズは「iPhone 12」が「iPhone XR」よりも、幅が4.2mm、高さが4.2mm、厚みが0.9mm、質量が32g、小さく軽くなっています。「iPhone 12」はベゼル幅を狭くすることで画面占有率が高くなった狭額縁設計です。iPhone 12は162gで、iPhone 12 Proは187gです。

ディスプレイにも違いがあり
「iPhone 12」はディスプレイが「有機EL」ですが、「iPhone XR」は「液晶」です。「iPhone 12」は、より高コントラストで明るい画面表示ができるHDRディスプレイとなっています。画面解像度は「iPhone 12」が「2532×1170ドット」に対し、「iPhone XR」は「1792×828ドット」です。
簡単に言うと高詳細で発色が良くなりました。

そして、「iPhone 12」は背面に「MagSafe」と呼ばれるマグネットが設置されています。「MagSafe」を利用することで、ワイヤレス充電時に充電器を正しい位置に固定することや、「MagSafe」対応のカードケース(シールド機能あり)などのアクセサリーが装着可能となります。

iphone12、iphone12 pro共に同梱品は充電ケーブルのみなのですが、30分で最大50%充電の高速充電に対応するために従来のUSB端子ではなく、USB-C-Lightningケーブルとなりました。このケーブルを使用することにより最大15Wのワイヤレス充電が可能となります。

開墾と同時に画面の保護フィルムとシリコンカバーを取り付けました。

iPhone12、iPhone12 proの違いは、他にもあり
背面が光沢でサイドがマットな「12」、背面がマットでサイドが光沢な「12 Pro」。

iPhone12 proだけに搭載されるのがLiDARスキャナという機能で、レーザー光を照射し受光することにより被写体との距離を測定し、一眼レフカメラのように、きれいに背景をぼかせるようにすることができたり、標準の「計測」アプリを使用して物の長さや部屋の2点間の距離が測ることが出来ます。スケールなしに部屋の寸法を測ったり、物の寸法を測ることが出来る優れものです。

細かい違いですが、
「12」では4K・30フレームまでの撮影であるのに対し、「12 Pro」は4K・60フレームでもOK。
メインメモリーの量が「12」は4GBで「12 Pro」は6GBです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました