LTE回線とWimaxの比較(低周波VS高周波)

私が今回契約申し込みをしたMugen WiFiは、クラウドSIMなのでDocomo・au・SoftbankのLTE回線を使用します。

LTE回線は2GHz以下なのですが、メリットは、エリアの広さ+屋内での繋がりやすさです

特にプラチナバンドと呼ばれる700MHz~900MHzの電波は低周波なので障害物を回り込みやすく、屋内や山間部でも繋がりやすいという特徴があります。

極端に聞こえるかもしれませんが、現実にMugen WiFiが繋がらなければ、そこにはネットにつながる電波はありません。

そして、Wimaxが使用する周波数は、2.5GHz帯です。

私がWimaxを検討材料から除外した理由がこれなのですが、屋内でつながらないことが多すぎました。成田空港第3ターミナルでは圏外でしたよ。

理由は、Wimaxが使用する高周波の2.5GHz帯が建物等の障害物に弱いからです。

屋外しか行動しない人にはWimaxも良いかもしれませんが、そんな人いないでしょう?それに、Wimaxが使用する高周波の2.5GHz帯は山間部も苦手としています。

以前はWiMaxのほうが使い放題の金額が安い時期がありましたが、今は、Mugen WiFiの方が圧倒的に安いです。

唯一WiMaxが勝っている点は、通信速度の速さです。しかし、繋がればの話ですからあまり考える必要ないと思いますが、いかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました