スポンサーリンク
スポンサーリンク

Patagonia brand tag

こんにちは、Kumaponです!(^^)!

今回は『Patagonia Classic RetroX Vestを紹介する予定でしたが、途中からタグの説明に変わっちゃいます(笑)

そのうちレトロXジャケットも紹介しますが、
ベストとジャケットの違いは
袖が有るか無いかの違いだけと思って良いです。


この左胸だけに大きく独立しているポケットも同じです。
最近は、色々なメーカー・ブランドがサル真似をしていますが、
このレトロXが元祖です。

遠めに見るとわからない時がありますが、

近くで見て、ロゴマークの違いや

造りの違いを見ると、「なんだ偽物か」

と思ってしまいます。


このPatagoniaのロゴマークは、
クライマーの聖地フィッツロイ山群を現しています
白い縁取りは、雪夕焼けに染まる空と、
青い海をバックに、そびえ立っています。

ここで少し、Patagoniaタグの変化を紹介します。


まずこれは、上のレトロXベストと同じ現行タグです。
1994年以降がこれです。


これが、少し前の〇・になる前の〇Rです。
1980年代後半~94年のものです。


こちらが、通称「雪なしタグ」と呼ばれる
山の上に雪が積もっていないタグで、
よく見ると山の頂上一帯に白線がありません。
1992年~1994年ほどの3年間のみ使用されていたものです。


これは、80年代後半で前半との違いは
最後に〇Rがあります。


これが、80年代前半で〇Rがありません。
この80年代のタグは、現行のタグより大きい
ので、「デカタグ」とも呼ばれます。


これが70年代後半で、夕焼雲が青と朱色の2色です。


これが70年代前半で夕焼け雲がオレンジ一色です。
この70年代のタグはベースが白なので「白タグ」とも呼ばれます。
この70年代の白タグは、ビンテージマニアに大人気です。

番外として

「波タグ」と呼ばれるものがあります。
これは、1993-1996年にフィッツロイではなく
波を形どったロゴでビーチ系のものに付いていたようです。

ちょっとながくなってしまったので、
今回はここっまでとします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました