スポンサーリンク
スポンサーリンク

Patagonia Classic Retro-X Vest

こんにちは、Kumaponです!(^^)

今回こそは脱線せずに「Patagonia Classic Retro-X Vest」を紹介します。


フリース第一号のシンチラフリースから始まり、マイクロⅮ、ロスガトス、アルパインモデルのレギュレーターシリーズR1、R2、R3、R4などなどこれまでに様々な特徴の異なるフリースを発表してきましたがその中でも代表的なのがRETRO-X(レトロX)フリースです。


特徴としては、通常のフリースとは違い、

レトロXは風を通しません。

厚手の6ミリ厚シェルパ・フリースと、

吸湿発散性を備え通気性に優れた

ワープニットメッシュのあいだに

防風フィルムを挟んだ素材は

熱を閉じ込め風を遮断し快適な肌触り。

この防風フィルム素材は中の水蒸気は

発散するような仕組みにつくられているため、

中がムレてしまうということもありません。

DWR(耐久性撥水)加工済みの縦型ナイロン製

ジッパー式チェストポケットと、

起毛ポリエステル・メッシュの裏地を

備えたジッパー式ハンドウォーマーポケットが付いています。

素材

本体:12.9オンス・ポリエステル100%(リサイクル・ポリエステル50%)のボンデッド・シェルパ・フリース。裏地:防風性バリヤーと吸湿発散性を備えた3.2オンス・ポリエステル100%(リサイクル・ポリエステル50%)のワープニット・メッシュ。ハイキュ・フレッシュ耐久性抗菌防臭加工済み。チェストポケットと襟の外側とウインドフラップ:平織りの3.4オンス・ナイロン100%。DWR(耐久性撥水)加工済み

ファッション性も申し分ないのですが

何と言っても防寒性能が凄いのです。

見た目もある程度モコモコして暖かそうではありますが

実際の性能はそれ以上に優れています。

ちゃちなダウンジャケットなどは、比較にならないほどの

防寒性能です。

私が気に入っている”Patagonia”の凄いところは、

フリース素材を開発していながら

さらに、今日でもトップを走り続けているところです。

胸ポケットの位置や形などは、

様々なメーカーが真似していますが

レトロX独特のモコモコしたフリースの質感は

他のメーカーでは真似できないようです。

やはりPatagonia Classic RetroX には

圧倒的な存在感があります。

色々なカラーバリエーションがあり、

製造年ごとに色の組み合わせが変わるので

良いと思ったら、その時買わないと

もう手に入りません。

私は、ナチュラルベースのブラウンが好きです。

もちろん値段(定価)もそれなりで、

ベストが¥ 21,780で、

ジャケットが¥29,160円ですが、

着れば納得できるのではないでしょうか。

あっ、定価を高いと思わないほうが良いですよ。

定価で買えればラッキーです。

すぐに売り切れるので、

躊躇すると

高い平行輸入品を買う羽目になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました