スポンサーリンク
スポンサーリンク

Patagonia regulator flleece

こんにちは、Kumaponです!(^^)

Patagoniaに関しては、前回Patagonia Classic Retro-X Jacketを紹介しましたが、今回は世界的な登山家や本格的に登山を楽しむ人々が好んで着用するPatagonia フリースジャケットの、レギュレーター・インサレーションシリーズ(R1・R2・R3・R4)を紹介します。

レギュレーター・フリース・インサレーションは軽量で驚くほどコンパクトに収納できるにも関わらず、保温性と水分の発散性に優れ、中間着としてはもちろん単独でも着用できます。

レギュレーター・フリース・インサレーションに使用したロフトのある中空繊維は、体の熱を維持しながら、発汗をともなう運動時には水分を外へ発散させます。さらに非常に軽量でコンパクトに収納できるので、荷物を少しでも減らしたい場合にも便利です。

非常に優れた通気性により激しい運動中もウェア内部をドライに保つレギュレーター・フリース・インサレーションは、さらに従来のフリースよりもかさばりと重量は抑えながら同等の保温性を提供し、よりコンパクトに収納可能。ドライで温かい着心地を維持するので幅広い気温条件化で快適に過ごすことができ、その結果としてレイヤリングの着替えも少なくて済むので、携帯するパックの軽量化にもつながるのです。

冷涼な天候下ではアウターとして着用でき、気温が下がったらパフォーマンス・ベースレイヤーの上や、アルパイン用シェルやスキー/スノーボード用シェルの下にレイヤリングできます。

レギュレーター・インサレーションは、R4、R3、R2、R1の、全4種類の保温性があります。

R4はパタゴニアのテクニカル・フリースの中で最も保温性に優れ、ハイロフトの外側とグリッド構造R2の内側の間に、伸縮性を備えた防風性ラミネートを施しています。

R3は滑らかなハイロフトのフリースで、極寒時にも最小限の重量で最大限の保温性を提供します。ポーラテック・パワー・ドライのサイドパネルにより、改良されたテクニカルなフィットを実現します。

R2はハイロフトの短毛フリースで、R1のパネルを施すことによりフィット感と動きやすさを高め、長いアプローチやアイスクライミング、スキーツーリングなどでも快適さを維持します。毛皮のような繊維が軽量ながら優れた保温性と通気性を発揮する構造です。

R1は必要最小限のデザインで、山でのあらゆるアクティビティに対応するようチューンアップされました。凹凸を備えたグリッド構造により熱を閉じ込めて保温し、肌からの水分は外側へ発散します。

そしてこれが、私が保有しているR4ジャケットです。


patagoniaのマークは、レトロXとは違って文字だけです。

基本的には中間着として開発されているからでしょう。


レギュレーターシリーズすべてに共通しているのが、

この左そで下に刺しゅうしてあるRマークです。


USA製のメンズSです。

私は通常日本のLを着用しますが、

Patagoniaの場合はSでちょうど良いです。


RN:51884:PatagoniaのRNナンバー
(アメリカ連邦取引委員会で取得する番号)

STYLE:36100F4:製造番号:36100
2004年秋冬製造
ちなみにSとSPは春夏FとFAは秋冬で、年代によって表記が異なり意味は同じです。

また、新しいものはSTYLEではなくITEMの後に5桁の数字が書いてあり、それが製造番号、その後ろには同じようにSとSPは春夏FとFAは秋冬で下2桁の製造年が書いてあります。


ドローコードが付いているので、

裾を絞るって風の侵入を防ぐことができます。

SONY DSC

POLATEC(ポーラテック)パワードライのタグです。
100%ポリエステルの表面の性質が内側と外側で異なる二重ニット構造で、吸湿速乾性の高い素材です。内側は汗を素早く吸収し、外側は素早く乾くのが特徴。通気性が高くベースレイヤーなどに最適です。

R4は廃番になっていると思うので、新品が欲しければR3しかありません。インナーとして開発されているので、防風素材は必要ないという結果が出たのでしょう。

アウターとして着るならば、

Patagonia Classic Retro-X Jacketのほうが暖かいです。

両方を着比べているので間違いありません。

何かの参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました