スポンサーリンク
スポンサーリンク

沸かし太郎 SCH-901 保温ヒーター

今回は、セカンドハウスの温泉別荘地で使用している追い炊き用ヒーターの沸かし太郎 SCH-901 のご紹介です。

天然温泉水なので、温水器内を巡回して追い炊きさせると温水器がすぐに故障してしまうため、湯船の中に置くタイプのヒータを使用しているのです。

ちなみにこの浴槽は、通常の家庭用よりも3~4倍の大きさがあるため大きさのイメージがつかみにくいかもしれません。
大きな湯船に天然温泉なのは気持ちが良いのですが、空気に触れる面積も大きいため冬場はどんどんお湯が冷えてしまいます。
そこでこの沸かし太郎 SCH-901 の出番です。この大きな湯船でも適温を保つことができるので、一般家庭であれば水から沸かすこともできるそうです。


このコントロールボックスで電源のオン オフと温度の調整ができます。
アイディア次第ではいろいろな使い方が出来ると思うのでお勧めしますよ。

メーカー型番: SCH-901
•サイズ: 本体/直径65×392Hmm 収納スタンド/86W×355D×94Hmm コントロールボックス/59W×31D×127Hmm電源コード/2.5m コントロールコード/3m
•重量: 4本体/約720g、収納スタンド/約250g、コントロールボックス/約120g
•付属品: 収納スタンド
•電源: 定格電力/AC100V 50/60Hz、定格消費電力/915W(50/60Hz)、ヒーター/910W、電気回路/5W 温度調整範囲/30℃~45℃、適応溶液/清水、適応水量/300L、保証期間/1年

# 沸かし太郎 SCH-901
# 保温ヒーター
# 追い炊き

コメント

タイトルとURLをコピーしました